​車両の概要

JR東日本の「グループ経営構想V(ファイブ)~限りなき前進~」(現在は後継のグループ経営ビジョン「変革2027」へ移行)のもと、観光流動の創造と地域の活性化することを目的として、伊豆エリアに向けた新たな観光特急列車サフィール踊り子」用の車両として導入された。(Wikipediaより

​外観

トータルデザインは奥山清行が率いる「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当した。外観のデザインコンセプトは「伊豆の圧倒的で雄大な自然」で、外装色の紺碧色は「伊豆の海と空」、白色は「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」、グレーは「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」を表している。(Wikipediaより

​方向幕は、なりと様よりご提供いただきました。レアな行先まで入っており、かなり楽しめると思います。

顔。

​軽量化のために、テクスチャで大体の形を作りました。

​また、ライトの発光に対応しています。

架線の高さは、標準・W51・下げ

​をご用意しています。

内装

1号車

1号車にはJR東日本初のプレミアムグリーン車がついています。

2列配置となっており、広々とした空間が再現されています。

2・3号車

2・3号車にはグリーン個室があります。

​7人用個室と4人用個室が再現されています。

4号車

4号車にはカフェテリア(ヌードルバー)があります。

極めつけはラーメン!!!

​ラーメンは龍山車輌様が作成してくださいました。

5~8号車

5~8号車にはグリーン車があります。

JR東日本の在来線特急車両のグリーン車は、255系以降4列配置が基本となっていたが、本形式ではグリーン車は3列配置となっており、より広くなっております。

運転台

今回、運転台は、龍山車輌様の協力により、速度計が動く仕様になっています。

​より運転が楽しめるでしょう。

その他

今回、様々な人の協力で、サウンドも充実化しております。

・ジョイント音

・ミュージックホーン​(サフィールオリジナル&JR標準)

・車内チャイム

​詳しく見たい方はこちらをご覧ください。(右動画➡)

ダウンロード

お待たせいたしました。こちらから本体をダウンロードできます。

今回スクリプトありバージョン・なしバージョンの2つをご用意いたしました。運転台が動いて、かつ1.7.10の方はスクリプトありバージョンをダウンロードしてください。

なるべく軽くしたい、かつその他のバージョンの方はスクリプトなしバージョンをダウンロードしてください。

​また、hi03SoundLibを必ずダウンロードしてください。導入しないと、起動ができません。

​伊豆急8000・E257系などとともに走らせてみてはいかがでしょうか!

今回の件に関しまして、皆様に多大なご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。今後、このようなことのないよう努めてまいります。

Ver1.0,1.1,1.2をお持ちの方は、ダウンロードしなおしてください。

Ver1.21

1.2更新内容 

・今回、ただの京成好きさんの許可で、MHを使用させていただくことになりました。このような問題の中で許可してくださった京成好きさん。本当にありがとうございます。心から感謝いたします。

・なりとさんより、方向幕の修正を行っていただきました。本当にありがとうございます。

1.21更新内容(スクリプトあり版のみ)

​・速度計(数字)がうまく表示されなかったのを修正。

Ver1.2

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now